症例

症例

首から肩甲骨の痛み。


1か月程前から続く右側の首から肩甲骨、肩周辺の痛み。

姿勢分析では、骨盤後傾・腰、腰上辺りの過度の丸み・デスクワーク特有の首下の捻じれ丸みが大きく、頭の位置が前方に落ちた頸椎ストレートネック、また右腕の緊張から右肩甲骨も大きく前方外側にひっぱられてる状態。

右腕の緊張がどれほど関与しているか確認したかったが、姿勢の大切さを伝えたく背骨・上半身の施術から始める。

背骨の調整・肋骨の動きの改善で症状はほぼ消える。

頸椎と肩甲骨の調整を加え施術終了しました。

お話を伺うと、長時間のデスクワークの車、家では柔らかいソファーでのくつろぎ。その体勢をとって確認してもらいましたが長時間続くと上記の姿勢分析のようになってしまいますね。

この姿勢だとどこに症状が出てもおかしくないと伝え、本当の意味での改善を求め日常生活での心がけをアドバイス。

次回、背骨の動きを改善さす体操と姿勢改善の簡単なトレーニングを伝えたいと思います。

ゴルフスイング中の背部痛。


前々日にゴルフのスイング中にピリッと背部に痛みが走り、その後も痛み・違和感がぬけないためご来院。

動作確認では、前屈・左ひねり・左側屈で痛みあり。また左足回内足あり。

お話では、長時間のデスクワークに加え、大きなストレスも感じておられ、右の肩甲骨も大きく前方に引っ張られている。

骨盤・股関節の動きは非常にいいのに、首の下(上部胸椎)と背中のやや下辺り(胸腰移行部)にきつい動きの制限あり。

体は、まるごとひとつ。 どんな動作でも全員で協力して動いています。

誰かがサボれば(今回は上部胸椎と胸腰移行部)、それを補うために他の部分がより一層がんばってくれます。このがんばってくれてたのが今回の痛みの箇所の背中や腰の部分ですね。

ゴルフで痛みが出ましたが、決してゴルフが悪いわけではなく、プレーする前のコンディショニングに問題ありですね。(長時間のデスクワーク、大敵です)

背骨を含めた上半身の改善、左回内足の調整、肩甲骨の運動トレーニングで症状改善につとめました。

頭痛・寝ても疲れがとれない・リラックスできない。


『頭を休めて、体を動かそう。』

知らず知らずの間に、体は変わっていきます。

スマホ・パソコンにストレスが加わり体ではなく頭ばかり働かせ過ぎると、自分で体の力を抜くことができないような状態になりやすい。

基本的なものに加え、頭やお腹への優しい技術で自律神経へアプローチする施術をおこないます。

パッと明るい、且つおだやかな表情になりますように。^^

当院は完全予約制です。

営業日カレンダー

ネット割引クーポン 初回検査無料! お得 詳しくはこちら

院長ブログ 施術やサッカーなど、熱い思いを語っています!!

院長ブログ 施術やサッカーなど、熱い思いを語っています!!

歪みチェック!! まずはチェックしてみて下さい。

症例ページ

スポーツカイロプラクティック専門ページ

肩こり・首の痛み・頭痛専門ページ

携帯サイトはこちらです。 http://www.itschiro.com/m/

あやめ池it'sカイロプラクティックは奈良市にあるカイロプラクティック院です。当院は地域NO.1のカイロプラクティック院を目指しています!!